フィンデザインホイールを逆履きするメリットを紹介

フィンデザインホイール

スポンサードリンク




皆さんは、大会出場マシンでホイールを内外逆に履いているマシンを見かけたことはありませんか?これは、ホイールの逆履きと言って、最近流行りの改造です。

ホイールを逆履きすると、どのような効果が得られるのでしょうか。

今回は、フィンデザインホイールを逆履きするメリットを紹介します。

スポンサードリンク



ホイールを逆履きするメリット

ホイールを逆履きするメリットは、ジャンプで傾いて着地したマシンの加速を抑え、コースアウトを防ぐことです。

ではなぜ、ホイールを逆履きするとそのような効果が得られるのでしょうか。詳しく解説します。

 

ホイールには、リムがついています。普段はホイールの内側にあるリムですが、これをホイールの外側にくるようにすることで、マシンが着地したときに、ホイールのリムがコースに接するようになります。

例えば、スロープやドラゴンバック でジャンプしたとき、マシンが傾くことがあります。

マシンが傾いたまま着地すると、左右どちらかのタイヤが先にコースに接地します。そのとき、左右どちらかのタイヤの角がコースにグリップし、マシンが傾いたまま前に進もうとする力が働きます。

すると、姿勢を崩したままマシンが加速するため、あらぬ方向へ飛んでいったり、マシンが傾いたままその先のセクションに進入してしまいます。これでは、マシンがコースアウトする確率が高くなってしまいます。

そこで、ホイールを逆履きしてリムがコースに接するようにすることで、マシンが傾いて着地したときのグリップを減らすことができます。

本来、傾いたマシンは着地でタイヤの角でグリップするところ、ホイールのリムが外側にあると、リムが先にコースに接地するようになります。

タイヤと違って、ホイールのリムがコースに接してもグリップ力がないため、そのままコースを滑るようにマシンが進みます。そのため、マシンが傾いて着地してもリムがコースを滑ることで余計なグリップが働かず、マシンが傾いたまま加速するということがなくなります。

結果、傾いて着地したときだけ、マシンの加速を抑えることができるのです。これが、ホイールを逆履きするメリットです。

ホイール逆履きが効果を発揮するセクション

  • ドラゴンバック、スロープ
  • モヒカン

前述したように、ドラゴンバックやスロープでマシンが傾いたときだけ、着地のグリップを減らすことができるため、コースアウトの確率を減らせます。

それ以外にも、コーナー直後のジャンプなどではマシンに遠心力がかかっているため、マシンを真っ直ぐ飛ばすことが難しく、ジャンプしたマシンがコース壁に乗ってしまうことがあります。

そのときも、ホイールのリムが外側にあることで、コース壁にタイヤが乗ってしまってもコース壁から滑り落ちるため、コースアウトを防ぐことができます。

モヒカンでも同じように、マシンの片方のタイヤがコースに接地してもリムで滑るだけなので、傾いたマシンに無駄なグリップが働くことがなく、マシンの底面でモヒカンを滑るように抜けられます。

ホイールを逆履きするために必要な改造

ホイール逆履きの効果を得るためには、以下の改造が必要です。

  • ホイール貫通
  • ペラタイヤ
  • タイヤの外側を斜めに削る

それぞれ解説します。

ホイール貫通

まずはホイール貫通です。これをしなければ、ホイールを逆履きすることができません。

ペラタイヤ

ペラタイヤについては、ホイールのリムをコースに当たるようにするために必要です。普通のタイヤ径では逆履きしてもリムのほうが直径が小さいため、着地時にコースに接することがないので、効果を得られません。そのため、タイヤの直径はリム部と同じか少し大きめにする必要があります。

タイヤの外側を斜めに削る

タイヤの外側を斜めに削る理由も同様です。リムとタイヤの直径が同じならば必要ありませんが、タイヤの直径のほうを大きくした場合、リムにかけてタイヤを斜めに削っておきましょう。そうすることで、着地時に斜めになった際に、リムでコースを滑ることができます。

ホイールの逆履きに適したホイールとは

ホイール逆履きに適したホイールは、フィンデザインホイールやアルミホイールです。

フィンデザインホイールは外側に膨らみがあるため、そのまま逆履きしただけで軸受けとの干渉を考えずに済みます。アルミホイールについても、ホイールブッシュがあるおかげで同様の効果があります。

これ以外のホイールでは、ホイールを逆に履いたときに軸受けとホイールの間に隙間ができてしまうため、上手くホイールを固定できません。

これが、フィンデザインホイールやアルミホイールが逆履きに適している理由です。

まとめ

大会上位のマシンを見てみると、ホイールの逆履きがメジャーになりつつあります。

ドラゴンバックやモヒカンなど、コースレイアウトによってかなりの効果を得られることは既に証明されています。

皆さんも、これを機に是非ホイールの逆履きにチャレンジしてみてください。マシンセッティングの幅が大きく広がること間違いなしです。

以上、ホイールを逆履きするメリットの紹介でした。

スポンサードリンク



関連記事とスポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です