ミニ四駆考察記〜21 ローフリクションタイヤの特徴とメリット、デメリットについて

ローフリクションタイヤ

スポンサードリンク




今回紹介するのは、公式大会での使用実績がとても多い、ローフリクションタイヤです。

ローフリクションタイヤは、グレードアップパーツの限定商品として販売されています。しかも、販売されるとすぐに売り切れてしまう人気商品です。

なぜ、ローフリクションタイヤはそんなにも人気なのでしょうか。

今回は、ローフリクションタイヤについて考察します。

スポンサードリンク



ローフリクションタイヤとは

ローフリクションタイヤは、とても硬く、グリップ力が低いタイヤです。

タイヤには、硬さにより、グリップ力と反発力の違いがあります。

上のタイヤほど柔らかく、グリップ力が高く、反発力が大きくなります。下に行くほど硬く、グリップ力が低く、反発力が少ないタイヤです。

  • ノーマルタイヤ
  • ハードタイヤ
  • スーパーハードタイヤ
  • ローフリクションタイヤ

ローフリクションタイヤは、販売されているものの中で一番硬く、グリップ力が低く、反発力も少ないタイヤです。

ローフリクションタイヤのメリット

ローフリクションタイヤには、2つのメリットがあります。

  • グリップ力が低い。
  • 反発力が少ない。

この2つのメリットを詳しくみていきます。

グリップ力が低いことによるメリット

タイヤのグリップ力が低いことで得られるメリットは以下の2つです。

  • コーナーでの抵抗が少ない。
  • スロープで低くジャンプ出来る。

グリップ力が低いことで、ドリフトするようにコーナーを駆け抜けます。そのため、コーナーでの減速が少なくなります。

また、スロープの頂点でグリップが効きにくいため、ジャンプの飛び出しで踏ん張る力が少なく、結果としてジャンプが低くなります。

タイヤのグリップ力を低くすることで得られる効果は、こちらにまとめてありますのでご覧ください。

ローフリクションタイヤ(マルーン)を使ってジャンプの飛距離を抑える方法!グリップ力が飛距離に関係する理由

2018.05.06

ミニ四駆考察記〜12 タイヤのグリップ力を変えてコーナースピードをアップさせる

2017.08.15

反発力が少ないことで得られるメリット

タイヤの反発力は、ジャンプ後の着地に影響します。

反発力が多いタイヤだと、着地でタイヤが反発して安定しません。

しかし、ローフリクションタイヤのように、反発力が少ないタイヤだと、着地で反発しにくいため、着地の安定性が向上します。

ミニ四駆考察記~4 「ジャンプで低く飛ぶために、タイヤのグリップ力を変える」

2017.06.28

ローフリクションタイヤのデメリット

ローフリクションタイヤのデメリットは、以下のとおりです。

  • グリップ力が低い。

疑問に思われた方もいらっしゃると思います。実は、ローフリクションタイヤは、メリットであったグリップ力の低さが、逆にデメリットになります。

グリップ力が低いことで一番影響することは、スタート時の加速の悪さです。

ミニ四駆において、速度がゼロの状態から加速するのは、スタート直後のみです。速度がゼロの状態から加速するために、グリップ力が必要になります。

やはり、スタートの加速時において、グリップ力の低さはデメリットになります。

しかし、そのデメリットは、走らせるコースにより変化します。特に、ローフリクションタイヤの場合、公式大会ではデメリットがほとんどありません。

なぜ、公式大会でのデメリットがないのでしょうか。

公式大会では、ローフリクションタイヤのデメリットが無くなる!?

ローフリクションタイヤは、公式大会における使用率がとても高いです。そして、前項でのデメリットが、公式大会では影響が無くなります。

なぜなら、ミニ四駆の公式大会は、スタート台からのスタートとなるからです。

先ほど、速度がゼロの状態から加速するために、グリップ力が必要であると説明しました。

これが、スタート台からミニ四駆を走らせた場合、スタート台自体が下りスロープになっているため、グリップ力による加速はほとんど必要ありません。

むしろ、ミニ四駆の自重で加速していくイメージです。

これが、公式大会でローフリクションタイヤのデメリットが無くなる理由です。

まとめ

  • ローフリクションタイヤは硬く、グリップ力が低く、反発力が少ない。
  • メリットは、コーナーでの減速が少なく、且つジャンプで低く飛べること。
  • デメリットであるグリップ力の低さは、スタート台があれば問題無し。

ローフリクションタイヤは、以上の理由からとても人気があるタイヤです。

しかも、限定商品のため、発売されてもその日に完売してしまうことがほとんどです。そして、一度販売の機会を逃してしまうと数年は再販されないため、入手がとても困難になります。

販売されたら確実に手に入れることはもちろん、予備をストックしておいたほうが良いほどのおすすめ商品です。

皆さんも、ローフリクションタイヤを使って、その効果を確かめてみてください。

スポンサードリンク



関連記事とスポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です